カテゴリー: Web

なぜiPadだけがキャズムを超えられたのだろうか

先日発売されたSONYタブレットの発表会は閑古鳥が鳴いて散々な状態だったらしい。ガラパゴスにしてもCCCが撤退してSHARPが完全子会社化するなど、苦戦が伝えられる。Windowsなんか大昔からタブレットエディションがあって、何度もこの分野にチャレンジし続けていたが、全くダメだった。

タブレットに関しては、iPadが市場の7割を占めているそうだ。なぜiPadだけが受け入れられているのだろうか。なぜiPadだけがやすやすとキャズムの超えられたのだろうか。

スペックの差ではないだろう。いくらCPU性能をあげても、いくらバッテリーの持ち時間をあげても、iPadより売れるようになるとは思えない。

OSの機能やUIの差とも思えない。だって、スマートフォンに関しては既にAndroidがiPhoneよりも売れているのだから。一番わからないのはそこなんだ。スマートフォンではAndroidがキャズムを超えられたのに、なぜタブレットでは超えられないのか。

Kindleはどうだろう。かなりの安い値段で構成をかけているが、iPadを超えられるのだろうか。Kindleは用途がはっきりしていて消費者がイメージしやすいので受け入れられるかもしれない。しかし、iPadほどの魅力は感じない。

どういう人が、なぜ、何のためにiPadを買っているのだろう。なぜiPadでなければならなかったのだろう。どうして他のどの製品でもなく、iPadだったのだろう。いや、どうしてiPadしか選択肢がないんだろう。

ブランドか?マーケティングか?ビジネスモデルか?

本当にわからない。どうすればiPadのようにキャズムを超えられるのか。どうすればiPadを超えられるのか。

広告

WordPressのHTMLエディタは最強

WordPressが気を利かせて自動で挿入してくれるpタグをわざわざ取り除くプラグインというのがあるらしい。世の中には自動で挿入されるpタグを余計なお世話だと思っている人もいるようだ。だったらなぜWordPressを選んだのかと思う。そんなにpタグをつけたくないんだったら最初からWordPressを選ばなければいい。WordPressを選んだのならちゃんとvalidなHTMLを心がけてくれ。

私がWordPressを選んだ理由はいろいろあるが、賢いHTMLエディタもその一つだ。WordPressのHTMLエディタは、単にpタグを自動で挿入してくれるだけではなく、WYSIWYGで適当に書いて行けばvalidなHTMLを吐き出してくれるのだ。私がいままで出会ったWYSIWYGのHTMLエディタの中で一番優秀なものだと思う。

以前使っていたBloggerはその点で最悪だった。validなHTMLを書こうとすると結局直接ソースをいじるしかない。そんな状態で正しいマークアップなんかやってられない。

個人的にはWiki記法が使えるのがベストだ。特にPukiWikiは仕事でもよく使っていたので記法には習熟している。かなり前だが、MovableTypeでブログを書いていた時にはmt-sukeroku-plusプラグインというものを使っていた。これを入れるとPukiWiki記法が使えるので大変便利なのだ。

しかし、プラグインを入れられるようなブログサービスはどうしてもお金がかかってしまう。以前は有料のホスティングサイトを使っていたからよかっかのだが、今はお金をかけてまでブログを書くモチベーションはない。無料のブログサービスでプラグインを入れられるところは私の知る限りない。困った。という時に出会ったのがWordPressとWordPress.comだったのだ。

WordPress.comにはHTMLエディタも含めて全般的に満足している。求めているもののすべてが実現できているわけではないが、最低限これだけは対応して欲しいというところはクリアできている。ようやく安住の地を見つけたという感じ。(でも、WordPress for iOSのHTMLエディタはなんとかしてくれ)

BloggerのようにvalidなHTMLを吐けないHTMLエディタは、さっさと世の中からなくなるべきである。今こうしているうちにもこのようなHTMLエディタから次々といけてないHTMLが作られて行っているのだから、罪が大きい。

それと、HTMLエディタを使う側にも責任があるだろう。 今ブログを書いているほとんどの人はHTMLの文法を知らないだろうし、validなHTMLの意義もわかっていないだろう。今は誰もがWebで情報を発信する世の中なのだから、義務教育であまねくすべての人にHTMLを教育すべきだ。HTMLは原稿用紙のようなものなのだから、国語の授業で教えればいいだろう。間違っても数学やコンピュータの授業で教えるのはやめて欲しい。結局それではリストラされたお父さん向けのホームページ作成講座みたいになってしまう。

関連リンク

関連エントリー

iTunesアフィリエイトの始め方

前回のエントリー「iPhoneとGoogleリーダーの同期(feeds)」から、iTunes Store(App Store)のアフィリエイトを始めました。後学のためにiTunesストアのアフィリエイトに参加する手順を書いておきます。

  1. iTunesアフィリエイトプログラムに登録する
  2. 登録しましたメールが届くのでリンクをクリックする(メールアドレスの確認のため)
  3. Link Shareの審査結果メールが来る
  4. iTunes Storeの審査結果メールが来る
  5. 届いたメールの指示に従って自分のサイトにリンクを作る

iTunes StoreのアフィリエイトはLink Shareという別のサイトが運営しているサービスを利用しているので、まずそちらに登録しなければならない。Link Shareに登録したあとは、個別のサイトごとに「提携申請」をしなければならないが、AppleのサイトにあるLink Shareへのリンクから登録すれば、自動的にiTunes Storeの提携申請が同時に行われる。なので、基本的に登録さえすれば後は審査結果を待つだけで何もする必要がない。

審査は2~3日かかると書いてあるが、私の場合は翌日に審査結果が来た。

実際にリンクを張ってみたところ一つ問題が発生。WordPress.comではリンクURLの長さに制限がかけられているらしく、iTunes Link Makerで作った長いリンクを張ると、その部分が表示されなくなってしまう。仕方ないので、bit.lyで短くしたURLを張ることにした。

今のところ、iTunes Storeへのリンクは各エントリーの本文中だけにしようと思っている。広告の欄を作っても鬱陶しいだけだし、あまりアフィリエイト収入は期待していない。

今後もし書評やら製品レビューやらを書くことがあれば、Amazonのアフィリエイトもやるかもしれない。

五段階で星をつけるより「いいね!」ボタンがいい

日本のAppStoreレビューは2ちゃん的…開発者が問題提起

日本のApp Storeのレビューは他の国に比べて開発者に不利なものが多いらしい。私は他の国のレビューを見てないので真偽のほどはわからないが、確かに落ちたとか先に進めないとか、不具合報告のコメントが多く、従って星の数も少ないように感じる。

実際使う立場からすれば動いて当たり前なのだが、最近は多少不具合があってもとりあえず先にリリースしてしまい、利用者の反応を見ながら徐々に改善して行くやり方が主流になってきた。その方が良いソフトが生み出されやすいからだ。だから、レビューする側は、多少の不具合があってもそれはその内修正されるものとして、それ以外の部分をレビューすべきなのだ。(不具合報告はそれなりの報告先があるはず)しかし、たいていの人はその事を知らないまま怒りに任せて「動かない、最悪のアプリだ、1点」となってしまう。

そういうのを見ていて思うのだが、一般人が匿名でレビューできるサイトは、Facebookの「いいね!」ボタンのように「いいね!」だけを言えるようにすべきなんじゃないだろうか。そして悪い評価は入力させない。

五段階評価にするとどうしても悪い評価に偏ってしまいがちだし、人によって評価基準もバラバラになってしまう。星の数の平均点より何人の人が「いいね」と言ったかの方が評価を知りたい人にもわかりやすい。

こういったレビューは適切な資格・見識を持った人に任せてしまえば良いのだ。

こんな事言いながら私はFacebookのアカウントは持ってない。

Googleリーダーに情報収集はすべてお任せ

以前からRSSリーダーとしてGoogleリーダーを利用していたのだが、気になるページはGoogleリーダーのスターではなく、Googleブックマークを使っていた。なぜかというと、スターはRSSでフィードされているページしか登録できないからだ。

しかし、最近になってGoogleリーダーに「メモ」という機能があるのを発見。「メモ」を使うとRSSでフィードされている記事だけではなく、あらゆるページに「メモ」ができることがわかったので、Googleブックマークをやめて「メモ」に移行することにした。これですべてGoogleリーダーに集約することができるようになった。

さらに、メモを登録する際に「共有アイテム」にすれば、そのメモを公開することもできる。さらにさらに、Reader2Twitterで自動的にTwitterにメモを流すことも可能。簡単にブログを更新することができて、非常に便利になった。

ひとつだけGoogleブックマークの方が優れているのは、通常のGoogle検索をしたときに同時にGoogleブックマークも検索してその結果を表示してくれる機能があること。Googleリーダーからも自動で引っ張ってくれるようになれば完璧なのだが。

前回のエントリーでTwitterによる更新通知はできなかった。どうも登録した文字が半角・全角まじりだったせいで化けていたからのようだ。再度チャレンジ・・・