カテゴリー: モバイル

現実とインターネットの境界がなくなることを教えてくれたセカイカメラ

「セカイカメラ」 サービス終了のお知らせ

セカイカメラがサービスを終了するそうだ。私はセカイカメラを使ったことはない。しかし、私にとっては思い入れのあるサービスだ。

iPhoneが登場するまでのインターネットは、現実の世界とは完全に切り離された「サイバー空間」とでも言うべきものだった。しかし、iPhoneの登場によってインターネットはまさしく現実の世界と一つになった。それが一体どういうことなのかを具体的なサービスとして表現してくれたのがセカイカメラだった。

セカイカメラに出会わなくてもいずれ私はiPhoneを買っていただろうけど、セカイカメラがなければもっと遅くなっていただろう。ありがとう、セカイカメラ。

こんどは私達が現実の世界にインターネットの力を吹き込む番だ。

広告

速さは正義だ!新iPhone 5ファーストインプレッション

ついに待ちに待ったiPhone 5が発売されました。私もさっそく発売日に手にしております。とりあえず5日ほど経って、今回はそのレビューなど書いてみます。

買ってすぐに思ったのは、とにかく速い!LTE速すぎ!Safariなんかこれまでと比較にならないぐらい快適。うちの家は100Mbpsの光回線+Wi-Fi (11n)なんだが、体感的にはそれよりも速いんじゃないかというレベル。

しかも、エリアが広い。私はauのiPhoneなんだが、だいたい行動範囲内はほとんどLTEエリア内な感じで、なんと驚いたことに自宅周辺も既にLTEエリアだった。残念ながら自宅の中に入るとLTEではなく、3Gになってしまっていたが、まあどうせ自宅の中はWi-Fiでつながるので問題なし。後、地下鉄の駅構内や勤務先ビルの上層階も3Gになっていたが、それ以外はほぼLTEで通信できる状況。ここまでエリアが広いとは想像していなかったので嬉しい誤算。

その反動か、若干電池持ちは悪くなった模様。特に勤め先はLTEに入るか入らないかのギリギリらしく、頻繁にLTEと3Gのハンドオーバーが発生して、無駄に電池を消費しているようだった。1日フルで使っていたら家に帰ったらちょうど0%になって、自動シャットダウン。まあ会社ではLTE切っておくか。

それから、画面が広くなって文字入力が圧倒的に快適に。iOS 5から変換候補がキーボードの上に出るようになったせいで、極めて文字表示エリアが狭くなり、イライラの元になっていた。それが今回画面が広くなったおかげで劇的に改善された。メモリが1GBになって漢字変換で固まったりしなくなったし、それもポイント高い。

さらに、音がきれいになった。これはSoftbankとauの違いなのか、iPhone 4とiPhone 5の違いなのかはわからないが、通話時の音がよくなったし、iPodというかミュージックの音も綺麗になった。おかげでついつい音をでかくしてしまう。ちなみに、私はApple In-Ear Headphones with Remote and Micを使っているのでEarPodsは試してません。

軽さとかCPUの速さとかはもうすっかり慣れてしまって、これが普通になってしまった感じ。今iPhone 4に戻ったら「なんじゃこりゃ」とか思うんだろう。

一つだけ嫌なところ。それはLightningケーブル。何が嫌って、差込口からケーブルの曲がるところまでが長すぎ。今まで使っていたスタンドはiPhone 4時代は問題なく充電しながら置けていたのに、iPhone 5はケーブルさしてスタンドに置くと若干本体が浮いてしまう。認証チップとか入れるからそんなことになるんで、本当Appleの囲い込み戦略はどうにかしてくれ、普通にmicro-USBにしとけよって感じ。どうせならQiにするとか。

ま、とりあえず結論としてはiPhone + LTE = 最強ってことで。以上。

新しいiPhoneで気になること

さて、Verizonが9/21からの休暇禁止令を発令し、いよいよ新しいiPhone発売まで秒読み段階となった。まだ中身も発表されていないが(というか発売が発表されたわけでもないが)、既に発売日に買う決心を決めている私が、個人的に新しいiPhoneがどのようなものとなるのか気になっていることを上げていきたい。

auの800MHz LTEに対応しているか?

まず最初はauの800MHz LTEに対応しているかどうか。発売日に買うだけでなくSoftbankからauにMNPすることも決めている私としては一番気になるところ。800MHz CDMAにはiPhone 4Sで既に対応しているので、LTEでも対応してくるだろうと期待しているのだが、こんな意見も。

KDDIは、今予定しているバンドが800MHz帯と1.5MHz帯ということで、おそらく端末調達に苦労するはずです。実はどちらも日本ローカル。ほかの国でも断片的に同じ構成を使っていることもありますが、唯一かなり重なりの大きい北米850が、KDDIの800MHz帯を見事にギリギリ外していて、逆に近すぎる構成のため両対応端末を作るとコスト激高、というのは割と有名な話。こうなるとKDDI-LTE端末はすべて自社調達ということになってしまうため、従来出てきたようなグローバル端末は、KDDI-LTEではほとんど期待できなくなると思われます。

もし800MHz LTEに対応しないとなると、LTEは2GHzのみということに。それはいくらなんでも寂しい。なんとか800MHz LTEに対応してくれ!対応してなくても買うけど!

Softbank 4G (TD-LTE)に対応しているか?

次に私には関係ないけど、隣の芝は青いかどうかの確認。Softbank 4G (TD-LTE)に対応しているかどうか。もしこれが実現すると、(さらにauの800MHz LTEに対応していないと)Softbank大勝利って感じ。私としては指をくわえて見るしかないけど。

Apple Storeで予約できるか?

iPhone 4は予約開始日にApple Storeに並んで予約したので、発売日当日は特に苦労することなく手に入った。ところが、iPhone 4SはApple Storeは当日販売のみで予約受付なしだった。キャリアショップでは予約受付していたのに。どうしてだったんだろう。

個人的にはぜひApple Storeで手に入れたいと思っていて、というのは、どう考えてもキャリアショップよりもApple Storeの方が気持ちよく買い物ができるから。同じ値段で同じものを買うのなら絶対Apple Storeで買う方がいい!

Apple Storeでぜひ予約受付してくれ!頼む!発売日の前の日から徹夜で並ぶのは嫌だ!

128GBモデル出るか?

まあこれはまずないと思うけど、128GBモデルが出たらぜひほしい。今自宅にある全CDをiTunesに登録していっていて、ほぼ完了した現在約45GB(448枚のアルバム)、後はシングルCDが十数枚程度残すのみ。これではアプリや写真の容量を足すと64GBを超えてしまうのだ。新しいiPad 64GBに入りきらないので今まさに困っている。

もし128GBモデルだったら容量を気にせず全部持ち出せる!こんな魅力的なことはない。ぜひほしい。でもお値段据え置きで!

他には・・・

電池の持ちが改善してるかなとか、iOS 5から使いづらくなった日本語入力が画面が縦に長くなったら改善するかなとか、メモリは1GBになるかなとか、Dockコネクタが新しくなったら速度も改善するのかなとか、iPad miniはRetinaになるかなとかあるけど、最後のはiPhone関係ないけど、とにかく発売日が待ち遠しい。

iPhone 4を発売日すぐに買った人はauへのMNPに備えてプランを変更しよう

9月12日に新しいiPhoneが発表されるのが確実という噂が出てきたのを受けて、私はソフトバンクの契約をホワイトプランからブループランに変更しました。

私はiPhone 4を発売日(2010年6月24日)に買った口で、今丁度2年縛りが終わったところです。今解約すれば契約解除料(9,975円)が発生しません。しかし、このまま何もせずにいると自動で新たな2年縛り期間が始まってしまいます。この新しいiPhoneが出ようかというこの時期に、まさかiPhone 4Sを買うわけにもいきません。

まあ次もソフトバンクと思っている方には関係ない話ですが、私はたまたま自宅がeo光に入っているのでauの方が安くなりそうだと思っています。新しいiPhoneが出た時にauへMNPしようと思うとソフトバンクに契約解除料を払わなければなりません。

しかし、ソフトバンクのiPhoneでは必ずしも契約解除料が発生する訳ではありません。ホワイトプランではなく、ブループランやオレンジプランに変更すれば良いのです。

ただし、ホワイトプランと違ってブループランやオレンジプランは基本料金が3570円と高く、また、ホワイトプラン同士の無料通話時間帯もありません。契約解除料(9,975円)と比べてどちらが安いかよく考える必要があります。まあだいたいプランを変更して3ヶ月以内に新しいiPhoneが出たらプランを変更する方が得、4ヶ月以上後になるとそのままホワイトプランにしておいた方が得という感じですかね。通話の利用頻度や通話相手などによりますが。

変更はMy Softbankのホームページから出来ます。iPhoneからであれば、Safariのブックマークに登録されているはずです。

ログインして、「料金プランの変更」を選び、「オレンジプラン(i)」または「ブループラン(i)」を選びます。その後、各プランの詳細なプラン(私の場合は一番安いSS)、基本料金の割引サービスは「利用しない」を選び、その後の通信サービスは「パケットし放題フラット(これも私の場合)」などを選べばOKです。基本料金の割引サービスで「自分割引」や「年間割引」を選んではいけません。それを選ぶと結局2年縛りや1年縛りになってしまいます。

また、締め日を過ぎた後にプランを変更すると、新たな2年縛りの期間に突入してしまっており、結局契約解除料が無駄にかかってしまうかもしれません。プランを変更できる期間はよく確かめておきましょう。(私の場合は6月11日〜8月10日でした)

「オレンジプラン(i)」と「ブループラン(i)」はほとんど同じですが、登録しなくても自動で適用される「長期利用割引」の利率が少し違うようです。(オレンジプランのほうが契約期間が短くても15%割引になる、など。)

一応これでMNP時に契約解除料がかからなくなるはずですが、実際に上記をやる場合には自己責任ということでお願いします。必ずソフトバンクのホームページをよく確認し、不明点があればソフトバンクショップなどで聞いてみてください。

WWDC 2012は特に驚きなし

今朝のWWDC 2012の基調講演はあまり驚くようなことはなく、既定路線の範囲内だったかなという印象。

MacBook ProにRetinaモデルが追加されたものの、個人的にはMacBook Airも含めてすべてのラインナップにRetina Dsiplayが搭載されることを予想していた(というか危惧していたというか)ので、まあがっかりというか「な~んだ」というか、よかったというか。半年ほど前にMacBook Airを買ったばかりの私としては、マイナーアップデートにとどまったのはむしろ安心した感じです。

それから、まさかとは思うが、最近iPhone 5の流出ニュースが続いていたので、もしかしたらiPhone 5の発表があるかもなぁと思っていたが、やはりそれはなく。iOS 6だけの発表でした。iOS 6は秋リリースということなので、iPhone 5も秋リリースでしょう。

あの流出画像はいまいちだったしなぁ。あれが本当にiPhone 5だったら、正直今のiPhone 4/4Sのデザインの方がいい感じ。

iTVの噂はともかく、Apple TVでアプリが動くという噂には非常に期待していたけど、それはなく。まあ、テレビなんて今更イノベーションも何もないよね。

MacBook ProのRetinaモデルは「お買い得」とか言われてるけど、正直ノートPCに18万は出せん。今使ってるMacBook Air 13inchだって9万で買ったし。今時10万以上もお金出してノートPC買う奴いるのか?

将来的にRetina Displayが当たり前の世の中になったら今と同じぐらいの値段設定になるだろうし、それからでいいかなと思う貧乏な私であった。