Skip to content

次のスペックをリードするApple

2012年3月8日

というわけで、「新しいiPad」注文しました。iPad 2より重くなるなど、期待していたものすべてが満たされたわけではありませんでしたが、概ね予想の範囲内ということで早速オンラインで予約しました。

以前の予想は完全に外れてしまいましたね。Appleのサイトを見ると、国内版はDC-HSDPAまででTD-LTEはなし。米国版はLTEをサポートするようですが、こちらもTD-LTEはなし。というか、Softbankは1.5GHzでDC-HSDPAをやっているはずなので、DC-HSDPAは使えないのではないでしょうか。となると、HSPA+までですね。

気になるのは米国AT&T版iPadがドコモのXiネットワークで利用できるのかですね。おそらく使えると思いますが、誰か人柱が出てくるのを期待して待ちます。

さて、今回のiPadの最大のポイントはやはりRetina Displayと呼ばれる高解像度のディスプレイでしょう。私も一番期待していたポイントなので実現して本当によかったです。iPhoneのRetina Displayは全く一つ一つのセルを見分けることが不可能なぐらい細かいですが、iPadの画面の大きさでそれが実現できるなんて想像するだけでワクワクします。

解像度が高いとそれだけで多くの情報が目の中に飛び込んでくるので、出来る限り高精細なものがいい。それはPCも同様で、特にプログラム開発なんかやっていると、どれだけ解像度の高くて大きなディスプレイを使って作業できるかで生産性が大きく変わってきます。

おそらく4月から5月に発売されると予想されている新しいMacBook AirやMacBook Proもかなりの解像度のディスプレイになるでしょう。そして、他のPCメーカーはその後を追うことになるのでしょう。今やAppleは世界のコンピューターのスペックリーダー的な存在になっています。

しかし、これだけのインパクトのある性能アップはもう残されていないような気もします。今回LTEにも対応して通信速度は十分すぎるほどですし、CPUなんかはもう有り余るほどです。さらに次の世代のiPadでは何を目指すのでしょうか。

個人的には今の半分ぐらいの重さになったら劇的な進化だと思いますが、それ以外はもう驚かないように思います。今回のiPadはある意味完成形と言えるかもしれません。

広告

From → モバイル

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。