Skip to content

WordPressのHTMLエディタは最強

2010年8月24日

WordPressが気を利かせて自動で挿入してくれるpタグをわざわざ取り除くプラグインというのがあるらしい。世の中には自動で挿入されるpタグを余計なお世話だと思っている人もいるようだ。だったらなぜWordPressを選んだのかと思う。そんなにpタグをつけたくないんだったら最初からWordPressを選ばなければいい。WordPressを選んだのならちゃんとvalidなHTMLを心がけてくれ。

私がWordPressを選んだ理由はいろいろあるが、賢いHTMLエディタもその一つだ。WordPressのHTMLエディタは、単にpタグを自動で挿入してくれるだけではなく、WYSIWYGで適当に書いて行けばvalidなHTMLを吐き出してくれるのだ。私がいままで出会ったWYSIWYGのHTMLエディタの中で一番優秀なものだと思う。

以前使っていたBloggerはその点で最悪だった。validなHTMLを書こうとすると結局直接ソースをいじるしかない。そんな状態で正しいマークアップなんかやってられない。

個人的にはWiki記法が使えるのがベストだ。特にPukiWikiは仕事でもよく使っていたので記法には習熟している。かなり前だが、MovableTypeでブログを書いていた時にはmt-sukeroku-plusプラグインというものを使っていた。これを入れるとPukiWiki記法が使えるので大変便利なのだ。

しかし、プラグインを入れられるようなブログサービスはどうしてもお金がかかってしまう。以前は有料のホスティングサイトを使っていたからよかっかのだが、今はお金をかけてまでブログを書くモチベーションはない。無料のブログサービスでプラグインを入れられるところは私の知る限りない。困った。という時に出会ったのがWordPressとWordPress.comだったのだ。

WordPress.comにはHTMLエディタも含めて全般的に満足している。求めているもののすべてが実現できているわけではないが、最低限これだけは対応して欲しいというところはクリアできている。ようやく安住の地を見つけたという感じ。(でも、WordPress for iOSのHTMLエディタはなんとかしてくれ)

BloggerのようにvalidなHTMLを吐けないHTMLエディタは、さっさと世の中からなくなるべきである。今こうしているうちにもこのようなHTMLエディタから次々といけてないHTMLが作られて行っているのだから、罪が大きい。

それと、HTMLエディタを使う側にも責任があるだろう。 今ブログを書いているほとんどの人はHTMLの文法を知らないだろうし、validなHTMLの意義もわかっていないだろう。今は誰もがWebで情報を発信する世の中なのだから、義務教育であまねくすべての人にHTMLを教育すべきだ。HTMLは原稿用紙のようなものなのだから、国語の授業で教えればいいだろう。間違っても数学やコンピュータの授業で教えるのはやめて欲しい。結局それではリストラされたお父さん向けのホームページ作成講座みたいになってしまう。

関連リンク

関連エントリー

広告

From → Web

One Comment
  1. ただ、自分でタグを手打ちしてBlogを書くような人の場合、pタグの自動挿入が邪魔であることもあります。手打ちして入れたタグに、さらに自動でタグを入れられると、自動挿入タグゆえにvalidでなくなるという。そういう人のために、タグ自動挿入をオフにするプラグインは必要かと思います。

    validなHTMLの意義については同感です。特に、validなXHTMLは、機械が処理しやすい、という利点があります。機械が処理しやすいということは、セマンティックWeb等の大きな可能性を秘めてますからね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。