Skip to content

QBHouseと労働生産性

意味もなく高いだけのサービスを使う人間はいない!激安店に客が奪われるなら、自社サービスに付加価値を付ける努力をしよう。

上記記事を読んで思い出した。

一昔前に野田総理大臣がQBHouseで髪の毛を切っていることが報道されて、同じように批判されていた。曰く、デフレを助長しているとか、なんとか。

では、果たしてQBHouseのスタイリストさんはブラックで低賃金な環境で働かされているのだろうか?

(QBHouseをご存じない方に説明すると、QBHouseは、お家でもできるシャンプーや顔そりはやってくれない代わりに、カットのみに特化することで、たった1000円(税抜き)で散髪してくれる理髪店だ。)

ここでQBHouseの労働生産性を見てみよう。QBHouseはカットのみに特化することで、たった10分の短時間で客一人をさばく。そのため、1時間あたりの売上は6000円だ。

一方で、普通の理髪店はどうだろう。シャンプーや顔そりなんかもやるのでだいたい1時間、長い店で2時間程度かかることもある。料金は3000円〜4000円というところか。仮に短い方の1時間で終わったとしても、1時間あたりの売上は3000円になる。QBHouseの半分しかない。

さらに普通の理髪店は数名で一人のお客に対応することもあるし、お客がなくて暇な時間帯もよくある。一方でQBHouseは、これまでの私の経験上の話だが、いつも待ち行列ができていて、フル稼働している。

こうやって比較するとはたしてどちらがブラックで低賃金な環境だろうか。労働生産性が必ずしも労働環境とリンクしている訳ではないかもしれないが、明らかにQBHouseの方が有利なのは間違いないだろう。

日本のGDPは世界3位だが、一人あたりの労働生産性はOECD加盟34カ国中第21位だ。今の日本に必要なのは、QBHouseのようにイノベーションを起こして、少ない労力でよりよいサービスをより安く提供するビジネスモデルを、新たに生み出していくことなのだ。

だから、我々は消費者の立場として、意味もなく高いだけのサービスを利用することは、そのような旧来のビジネスモデルをいたずらに延命させるだけであり、新たなイノベーションを阻害してしまうことになってしまうので、極力避けなければいけない。

もちろん、ゆったり1時間理髪店で過ごしたい人は、そうすればいい。私は苦痛だからQBHouseに行く。

広告

とあるサービス開発をめぐる物語

昔々あるところにAさんとBさんとCさんとDさんがいました。

Aさんはとてもわがままなお客様です。Aさんはいつも「こんなものがあったらいいなぁ」と言いますが、すぐに手のひらを返したように「やっぱりあっちの方がいいかも」と言います。Aさんは次にどんな行動を取るのか予想できないあまのじゃくさんなのです。

BさんはAさんに物を売る商売人です。BさんはどんなものがAさんに売れるのかをいつも考えていて、Aさんのニーズをリサーチし、様々なサービスを提供しています。しかし、Aさんが何を考えているのかは今ひとつわからないので、当たったり外れたりしています。

CさんはBさんから依頼を受けてサービスを設計するSEさんです。Bさんに言われた通りのものを言われた納期までに作るプロフェッショナルです。Bさんからの指示は時にあいまいなので、Cさんはわかりやすいパワーポイントやエクセルの資料をたくさん作ってBさんにサービスの仕様を確認します。Cさんは初めに言われたことは忠実に守りますが、後から言われたことはうまく処理できないので、最初に何度もBさんにサービスの仕様を確認します。

Dさんはプログラマーです。Bさんが作った設計書に従ってプログラムを作ります。コーディングは昔ながらのやり方でそつなくこなしますが、それほど速いということもありません。また、AさんやBさんのことはよく知りません。

さて、そこにスーパープログラマーSさんがやって来ました。Sさんは非常に生産性が高く、Dさんの何十倍も速くコードを仕上げることができます。また、単にSさんは生産性が高いだけではありません。Sさんはゼロから新しいものを作るのが速いだけではなく、一度作り上げたものを変更する作業も非常に速いのです。

Sさんが来てからというもの、あっという間にプログラムが完成してしまいます。Cさんは思いました。「Sの奴は使えるぞ」そして、Sさんに比べて生産性が低いDさんはお払い箱になってしまいました。

Sさんはあまりにも速くプログラムを作ってしまうので、Cさんが仕様の確認のためにパワーポイントやエクセルの資料を作っているうちに、本当に動くプログラムを作ってしまいます。そのため、いつしかCさんの資料の代わりにSさんのプログラムをBさんに持っていくようになりました。いくらわかりやすい資料があっても、実際にこの目で見て、この手で触れるプログラムにはかないません。それにSさんは変更するのも速いので、Bさんが実際触ってみてBさんのイメージと異なっていたとしてもすぐにSさんはプログラムを変更してくれます。Bさんは思いました。「Sの奴は使えるぞ。」そして、資料しか作れないCさんはお払い箱になってしまいました。

Sさんはあまりにも速くプログラムを作ってしまうので、BさんがどんなサービスがAさんに売れるのかを考えているうちに、とりあえずAさんが一番ほしいと言っているものを作ってしまいます。AさんはとてもわがままなのでSさんが作ったサービスを使うと、すぐに「あれもほしい」「ここは嫌」と文句を言います。しかし、Sさんはすぐにその要望に答えてくれます。Bさんがあーでもないこーでもないといつまでも悩んでいるうちに、Sさんが作るサービスはどんどん改善されていきました。Aさんは思いました。「Sさん最高!」Bさんはお払い箱になってしまいました。

こうして、AさんとスーパープログラマーのSさんだけが残りましたとさ。

—-

ここ20年ぐらいのITの進化っていろいろあると思うけれど、その中でも地味であまり注目されていないことが2つあると思う。まずひとつはコーディングが恐ろしく簡単になったということ。そして、もう一つがいつでも簡単にコードを変更できるようになったということ。

昔はパンチカードをならべてアセンブラでプログラムを書いていたらしいけど、その頃に比べたら本当に今のコーディングって簡単だ。余計なことは何も考えなくてやりたいことだけに集中すればいい。もちろん適切なアーキテクチャやらツールやらライブラリやらを選定した上でのことだけど、それだってGoogle先生に聞けばすぐわかる。それなりにコーディングのスキルさえあれば、結構簡単にそれなりのWebサービスを作ってしまえたりする。

そして、もう一つが簡単に変更できるようになったこと。当たり前だけどソフトウェアってただの情報でしかないから、追加したり変更したりするのなんて本来は簡単なはずなんだよね。ハードウェアだとこうは行かない。例えば、一度印刷してしまった本は回収するのがとても手間だけど、電子書籍なら改訂版をダウンロードしてもらえばいいだけだ。それと同じ話。

じゃあなぜ今まではソフトウェアの変更が簡単にできなかったかというと、それはやっぱりテストだと思うんだよね。ソフトウェアって複雑にいろいろなところが組み合わさっているから、どこかをいじってしまうと他の全く手を入れていない部分にも何か影響があるかもしれない。だから、テストを全部やり直さないといけない。ソフトウェアが大きくなっていくと指数関数的にどんどん改定コスト(≒テスト作業)が膨らんでいってしまう。

で、これまではその問題にどう対処していたかというと、とにかく最初に何もかも決めてしまおうと努力する。そして、後からの変更をきっちり管理することで対処した。「それは最初に決めたサービスの仕様には含まれていなかったですよね。追加費用になります。納期も伸びます」そうして生まれたのが、プロジェクトマネージャーという職業。プロジェクトマネージャーってソフトウェアが簡単に変更できないからこそ必要な職業と言えるんじゃないかな。

そこにイノベーションがやってきた。テストが自動化できるようになった。同じテストを何度も何度も自動でできるようになった。それによって、ソフトウェアが大きくなっても変更が一定のコストでできるようになった。いわゆるアジャイル開発って奴だ。アジャイルは別にテストの自動化だけじゃないけど。

そうすると、どうだろう。変更がいつでも簡単にできるのであれば、最初に何もかも決める必要なんてない。本当に必要な物から作って、よくわからないものは後から追加していけばいい。仕様を確認する作業や変更を管理する作業って実は何も新しい価値を生み出してない。純粋にコードを作ることにしか価値なんてないのだ。

さらに、今の時代はとにかくスピードが求められるようになった。市場がどんどん変化していくのでそれに追いついていくだけでも大変だし、さらにその先を行く新しいサービスが求められている。そもそも将来何が起こるかなんて誰にもわからない。そんな状況では、「ビジネスを分析」なんてしてるより、ベータでもいいからとにかく実際にサービスを提供して、顧客からのフィードバックを得る方が確実だということに企業が気付き始めたのだ。

そこに、「ソフトウェアはいつでも変更できる」という特徴がマッチしたんだね。

今の時代に必要なのはとにかく素早くサービスを作れるスーパープログラマーのSさんだ。Dさんも、Cさんも、そしてBさんでさえも、Sさんにはかなわない世の中になろうとしている。

現実とインターネットの境界がなくなることを教えてくれたセカイカメラ

「セカイカメラ」 サービス終了のお知らせ

セカイカメラがサービスを終了するそうだ。私はセカイカメラを使ったことはない。しかし、私にとっては思い入れのあるサービスだ。

iPhoneが登場するまでのインターネットは、現実の世界とは完全に切り離された「サイバー空間」とでも言うべきものだった。しかし、iPhoneの登場によってインターネットはまさしく現実の世界と一つになった。それが一体どういうことなのかを具体的なサービスとして表現してくれたのがセカイカメラだった。

セカイカメラに出会わなくてもいずれ私はiPhoneを買っていただろうけど、セカイカメラがなければもっと遅くなっていただろう。ありがとう、セカイカメラ。

こんどは私達が現実の世界にインターネットの力を吹き込む番だ。

速さは正義だ!新iPhone 5ファーストインプレッション

ついに待ちに待ったiPhone 5が発売されました。私もさっそく発売日に手にしております。とりあえず5日ほど経って、今回はそのレビューなど書いてみます。

買ってすぐに思ったのは、とにかく速い!LTE速すぎ!Safariなんかこれまでと比較にならないぐらい快適。うちの家は100Mbpsの光回線+Wi-Fi (11n)なんだが、体感的にはそれよりも速いんじゃないかというレベル。

しかも、エリアが広い。私はauのiPhoneなんだが、だいたい行動範囲内はほとんどLTEエリア内な感じで、なんと驚いたことに自宅周辺も既にLTEエリアだった。残念ながら自宅の中に入るとLTEではなく、3Gになってしまっていたが、まあどうせ自宅の中はWi-Fiでつながるので問題なし。後、地下鉄の駅構内や勤務先ビルの上層階も3Gになっていたが、それ以外はほぼLTEで通信できる状況。ここまでエリアが広いとは想像していなかったので嬉しい誤算。

その反動か、若干電池持ちは悪くなった模様。特に勤め先はLTEに入るか入らないかのギリギリらしく、頻繁にLTEと3Gのハンドオーバーが発生して、無駄に電池を消費しているようだった。1日フルで使っていたら家に帰ったらちょうど0%になって、自動シャットダウン。まあ会社ではLTE切っておくか。

それから、画面が広くなって文字入力が圧倒的に快適に。iOS 5から変換候補がキーボードの上に出るようになったせいで、極めて文字表示エリアが狭くなり、イライラの元になっていた。それが今回画面が広くなったおかげで劇的に改善された。メモリが1GBになって漢字変換で固まったりしなくなったし、それもポイント高い。

さらに、音がきれいになった。これはSoftbankとauの違いなのか、iPhone 4とiPhone 5の違いなのかはわからないが、通話時の音がよくなったし、iPodというかミュージックの音も綺麗になった。おかげでついつい音をでかくしてしまう。ちなみに、私はApple In-Ear Headphones with Remote and Micを使っているのでEarPodsは試してません。

軽さとかCPUの速さとかはもうすっかり慣れてしまって、これが普通になってしまった感じ。今iPhone 4に戻ったら「なんじゃこりゃ」とか思うんだろう。

一つだけ嫌なところ。それはLightningケーブル。何が嫌って、差込口からケーブルの曲がるところまでが長すぎ。今まで使っていたスタンドはiPhone 4時代は問題なく充電しながら置けていたのに、iPhone 5はケーブルさしてスタンドに置くと若干本体が浮いてしまう。認証チップとか入れるからそんなことになるんで、本当Appleの囲い込み戦略はどうにかしてくれ、普通にmicro-USBにしとけよって感じ。どうせならQiにするとか。

ま、とりあえず結論としてはiPhone + LTE = 最強ってことで。以上。

新しいiPhoneで気になること

さて、Verizonが9/21からの休暇禁止令を発令し、いよいよ新しいiPhone発売まで秒読み段階となった。まだ中身も発表されていないが(というか発売が発表されたわけでもないが)、既に発売日に買う決心を決めている私が、個人的に新しいiPhoneがどのようなものとなるのか気になっていることを上げていきたい。

auの800MHz LTEに対応しているか?

まず最初はauの800MHz LTEに対応しているかどうか。発売日に買うだけでなくSoftbankからauにMNPすることも決めている私としては一番気になるところ。800MHz CDMAにはiPhone 4Sで既に対応しているので、LTEでも対応してくるだろうと期待しているのだが、こんな意見も。

KDDIは、今予定しているバンドが800MHz帯と1.5MHz帯ということで、おそらく端末調達に苦労するはずです。実はどちらも日本ローカル。ほかの国でも断片的に同じ構成を使っていることもありますが、唯一かなり重なりの大きい北米850が、KDDIの800MHz帯を見事にギリギリ外していて、逆に近すぎる構成のため両対応端末を作るとコスト激高、というのは割と有名な話。こうなるとKDDI-LTE端末はすべて自社調達ということになってしまうため、従来出てきたようなグローバル端末は、KDDI-LTEではほとんど期待できなくなると思われます。

もし800MHz LTEに対応しないとなると、LTEは2GHzのみということに。それはいくらなんでも寂しい。なんとか800MHz LTEに対応してくれ!対応してなくても買うけど!

Softbank 4G (TD-LTE)に対応しているか?

次に私には関係ないけど、隣の芝は青いかどうかの確認。Softbank 4G (TD-LTE)に対応しているかどうか。もしこれが実現すると、(さらにauの800MHz LTEに対応していないと)Softbank大勝利って感じ。私としては指をくわえて見るしかないけど。

Apple Storeで予約できるか?

iPhone 4は予約開始日にApple Storeに並んで予約したので、発売日当日は特に苦労することなく手に入った。ところが、iPhone 4SはApple Storeは当日販売のみで予約受付なしだった。キャリアショップでは予約受付していたのに。どうしてだったんだろう。

個人的にはぜひApple Storeで手に入れたいと思っていて、というのは、どう考えてもキャリアショップよりもApple Storeの方が気持ちよく買い物ができるから。同じ値段で同じものを買うのなら絶対Apple Storeで買う方がいい!

Apple Storeでぜひ予約受付してくれ!頼む!発売日の前の日から徹夜で並ぶのは嫌だ!

128GBモデル出るか?

まあこれはまずないと思うけど、128GBモデルが出たらぜひほしい。今自宅にある全CDをiTunesに登録していっていて、ほぼ完了した現在約45GB(448枚のアルバム)、後はシングルCDが十数枚程度残すのみ。これではアプリや写真の容量を足すと64GBを超えてしまうのだ。新しいiPad 64GBに入りきらないので今まさに困っている。

もし128GBモデルだったら容量を気にせず全部持ち出せる!こんな魅力的なことはない。ぜひほしい。でもお値段据え置きで!

他には・・・

電池の持ちが改善してるかなとか、iOS 5から使いづらくなった日本語入力が画面が縦に長くなったら改善するかなとか、メモリは1GBになるかなとか、Dockコネクタが新しくなったら速度も改善するのかなとか、iPad miniはRetinaになるかなとかあるけど、最後のはiPhone関係ないけど、とにかく発売日が待ち遠しい。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。